理事長  和田 薫

dr1

また診てほしい、そう思ってもらえるかどうかが自分への評価だと考えています。

現在は第一線を退きサポート役に回っています。現役時代のモットーは自分がどんな治療がしたいのかではなく、どんな治療が必要なのかを説明し納得した上でないと医療は成り立たないものであるということです。
また、一度いらした方が「今回の治療はこれですべて終わりました。」というところまで通って下さり、次回以降も何かあれば当院に来てくださる方がどれくらいの割合いらっしゃるのかという事が自分への評価であると考え仕事をしてきました。
治療の内容では、10年ほど前にはほとんど関心を持つ先生がいなかった「睡眠時のトラブル」が最近は増えてきているように思います。
虫歯ではないのに歯が痛い 噛み合わせると痛みや違和感がある、複数の歯が冷たいものや温かいものでしみる、肩こりや頭痛、耳鳴りなどが続く方は睡眠時のトラブルをお持ちかもしれません。
興味のある方はぜひ当院までご相談ください。

歯科医師 荒井紀子

dr2

自分が「怖がり」だから気持ちに寄り添うことができると思っています

歯医者に皆さんがもたれるイメージは「怖い」「痛い」ではないでしょうか?
私自身も大変な怖がりで痛がりなので、その気持ちはとても良く分かります。
ですから、せめて「怖いけれど、あなたになら診てもらえる」と思っていただけるような丁寧な説明と手技を日々心掛けています。
また、プライベートでは子育て中の母であるので、妊娠中から出産後、子育て中のご家族のお口の悩み対してより身近にご相談頂けると思います。
どんな小さな疑問、心配事でもお気軽にお話し頂ければ嬉しいです。

スタッフ紹介

歯科衛生士 和田めぐみ

dr3

「ちょっと歯医者さんに寄っていく?」
そんな身近な場所でありたいです

初めての方はもちろん、長く通ってくださっている方でも「歯医者さんは緊張する」という声をよく聞きます。
そんな患者様の緊張を少しでもほぐせるように、明るい笑顔でごあいさつするよう日々心掛けています。
また、小さいお子様連れのご家族が安心して治療が受けられるようスタッフがお預かりしたり、歩くのに不安がある方への配慮など、できる限りの対応をさせて頂きます。
歯科衛生士として働く前は看護師として都内の病院に勤めていたため、持病をお持ちの方やご年配の患者様により幅広い視点でサポートできたらと思います。ぜひ、何でもお気軽にご相談ください。
小さなお子さんだった患者様が、成長して今度は自分のお子さんを連れてきてくれる―
そんな地域のかかりつけ医として、身近で安心できる医院であり続けたいと思っています。

歯科衛生士 森浩子

dr4

「生涯美味しくお食事ができる」 そのためのお手伝いをさせてください

歯周病を予防し、生涯美味しくお食事をするために定期的な歯のクリーニングをお勧めしています。
クリーニングに対して痛い・怖いといったイメージをお持ちの方にも安心していただけるよう丁寧に説明し、できるだけ痛みがないよう慎重に行っております。
また、歯の生え方や磨き残しの癖、生活リズムなどは人によって異なるため、患者さん一人一人に合わせて
毎日継続できるお手入れを提案させて頂くことが大切だと考えています。
小さなお子様のフッ素の塗布も、使用する器具を触ったり見せたりしながら「歯医者さんって楽しい所だ」と思ってもらえるような工夫をするよう心がけています。

歯科助手 深澤清美

dr5

歯科助手 古屋絵美子

dr6